ラポルテ本館4F、JR「芦屋」と直結、阪急「芦屋川」・阪神「芦屋」より徒歩10分、芦屋やなもとペインクリニック

治療法

痛みの状態や原因を診断してから、
「薬の治療」「リハビリテーション」「神経ブロック」を組み合わせて適切な治療を行っています。

痛みの治療法

 神経ブロック

神経ブロックとは

過剰に興奮して痛みを発生させている神経だけに、局所麻酔薬を投与して神経を休めることによって、
神経の興奮を解除し、痛みをリセットするための治療法です。

神経ブロックは、注射の手技で、あらゆる痛みに対して、たくさんの手技が確立しています。
確実な神経ブロックは、鎮痛薬が効かない痛みに対して、高い鎮痛効果を認めることが知られています。

● 高い鎮痛効果を認めるためには、3つのポイントを大切に考えています。
① 経験と技術
 神戸大学と兵庫医科大学で10年以上、外来医長として最先端治療を牽引
② 正確な診断能力
 X線ガイドによる透視下ブロック、超音波ガイド下ブロックを積極的に導入
③ 施行時の苦痛の軽減
 高い技術による迅速な手技、極細のブロック針を導入、十分なインフォームドコンセント
神経は、がんを取り除いたり、膝を人工関節に取り換えるように、簡単には取り除いたり、取り換えることはできません。
神経ブロックは、神経の正常化を一番の目的に行っております。

神経ブロック療法に対する関心は高まっており、
平成25年1月29日の神戸新聞でも、特集を組まれました。

超音波ガイド下神経ブロック

 痛みのリハビリ

リハビリは、慢性的な痛みや加齢性変化に伴う痛みに対して、高い鎮痛効果を発揮します。
当院では、筋力強化や機能訓練ではなく、「痛み・しびれ・むくみの改善」にターゲットを絞ったリハビリを行っています。
リハビリは、「神経ブロック」や「薬の治療」を併用することで、治療効果が促進します。
痛みのリハビリ機器

痛みに対する有効性が高い、最新式のリハビリ機器を用いて痛みの治療を行います。

 スーパーライザー

ペインクリニックの学術誌で、たくさんの痛みに対する有効性が報告されています。
体の深部まで到達する近赤外線を照射することによって、局所に高い温熱効果を獲得できます。
直径10cm程度のラッパ型アタッチメントによる局所温熱療法と、細いアタッチメントを神経の走行に沿ってあてて照射すると弱い神経ブロックの効果が期待できます。

 キセノン光治療器

キセノンが発する近赤外線は、広い範囲で体の深部まで到達して神経や筋肉を温め、痛みを和らげます。
また、当院で使用している最新式のキセノン光治療器は、通電・温熱・光線の3つの治療を同時に行うことが可能です。

 エアーマッサージ器(メドマー)

最新式のエアーマッサージ器に(メドマー)よる治療を行うことで、リンパの流れや血流が増加し、足のむくみやしびれの改善が期待できます。
また、リンパ浮腫に対する専門的知識と技術を持つ看護師が、マッサージやバンテージの治療と、エアーマッサージ器による治療を組み合わせた、オーダーメイドの治療計画を実践しています。

  

むくみに対するリハビリ治療
芦屋やなもとペインクリニックでは、様々なむくみに対して積極的に治療を行っています。
むくみを認める疾患の中でも、乳がんや子宮癌の治療後に、リンパの流れの鬱滞によるリンパ浮腫が合併することが知られています。
当院では、リンパ浮腫に対する知識・経験・技術を備えた専門看護師が、指導・治療を行っています。
① マッサージによる治療
② バンテージによる治療
③ 患者自身、家族のためにマッサージの指導
④ エアーマッサージ器による治療

■ バンテージとマッサージによって3ヶ月後にむくみが改善した1症例


  • ( 初 診 )     

  • ( 弾性包帯 )     

  • ( 3ヶ月後 )
※バンテージは自費です。
※治療効果とご希望に合わせて、自由診療によるオーダーメイドのリンパ浮腫治療を行っています。

 薬の治療

腰痛について

腰痛は、日本人で最も多い痛みです。
平成22年の国民生活調査で、すべての病気の中で「腰痛」は、男性で第5位、女性で第4位と高い頻度で日本人に認めています。

日本ペインクリニック学会の調査では、慢性的な腰痛を抱える日本人は、1000万人存在し、そのうちの77%は、満足な治療法がないことを不満に感じています。

 

最新の日本整形外科学会の調査(2013年3月24日、朝日新聞1面)では、腰痛患者は2400万人に及んでいるとの、驚くべき報告がありました。

■ 腰痛の原因は?

以下のような原因で、腰痛が発生します。

骨(腰椎)の変形 ※腰部脊柱管狭窄症に代表される
椎間板の変性
筋肉の障害
腫瘍や感染
ストレスと腰痛の関連性は、最新の痛み研究のトピックスである。
原因不明

残念ながら、原因を取り除く(≒治す)ことができる腰痛は、15%にすぎません。
85%の腰痛は、原因を正確に診断することが不可能な非特異的腰痛に分類されます。
したがって、腰痛の治療で最も重要なことは、早く痛みを取り除いて、早く日常生活の復帰を果たすことです。腰痛の正確な診断は、痛みの治療と並行して行うことが可能です。

 

■ 腰痛の治療について

1)運動療法
安静は、急性期のみに必要で、痛みを回避しながら動ける範囲を維持していくことが、結果的には、社会復帰を早めることにつながります。また、体操やウォーキングなどの運動療法は、腰痛の予防と治療の効果があります。

2)くすりによる治療
正確な痛みの診断を行い、鎮痛効果と副作用のバランスを考慮した治療を行っている。
①鎮痛薬(消炎鎮痛薬、オピオイド系鎮痛薬など)
②神経痛の治療薬(リリカなど)

3)神経ブロック

 

 全身疾患に伴う痛み・その他

  • ・帯状疱疹
  • ・がんの痛み
  • ・リウマチに関連した痛み
  • ・糖尿病に関連した痛み
  • ・脳卒中に関連した痛み
  • ・術後疼痛
  • ・肋間神経痛
  • ・CRPS
  • ・線維性筋痛症
  • ・リンパ浮腫
  • ・下肢のしびれ・むくみ

帯状疱疹の痛みについて
幼少児に感染したみずぼうそう(帯状疱疹)のウイルスは、神経に何十年間も潜んでいます。
抵抗力が低下した時に、ウイルスが活発に活動する病気が帯状疱疹です。
皮膚に小さな水ぶくれがたくさんできるので、皮膚科の病気と思われがちですが、
神経で活発化したウイルスは、神経で暴れまわるため、神経に深刻なダメージ(≒痛み)が残ります。
帯状疱疹は、みずぼうそうの感染歴がある人は皆さん発症する可能性があります。日本人の30%が発症します。
帯状疱疹患者の10%において、神経への深刻なダメージが残って、鎮痛薬が効きにくい神経痛を発症します。

帯状疱疹の痛み治療は、早期治療がもっとも大切です。

痛みが残りやすい帯状疱疹として、

①皮疹の範囲が広く、密度が高い(火傷のような状態)患者さん

②高齢者(70歳代以上)

③ステロイド内服、糖尿病、がんなどの免疫機能に影響がある病気を合併している患者さん

④皮疹の範囲は少なくても、痛みが強い患者さん
(例えば、はじめに痛みが出現して、2-3日後に皮疹が出現してくるような患者さんは、要注意です)


 頭・顔の痛みと機能異常

  • ・頭痛(片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛)
  • ・三叉神経痛
  • ・非定型顔面痛
  • ・後頭神経痛
  • ・舌咽神経痛
  • ・抜歯後の痛み
  • ・咀嚼筋症候群
  • ・顔面けいれん
  • ・顔面神経麻痺(ベル麻痺、ハント症候群)
     ※特にステロイド抵抗性

 目・耳・鼻の痛みと機能異常

  • ・眼瞼けいれん
  • ・突発性難聴
     ※特にステロイド抵抗性
  • ・網膜中心動脈閉塞症
  • ・アレルギー性鼻炎

 首・腕の痛み

  • ・頚椎症
  •  頚椎椎間板ヘルニア
  •  頚椎症性神経根症
  •  頚椎症性頚髄症
  • ・首のこり・寝ちがえ(頚部筋肉痛)
  • ・むちうち(外傷性頚部症候群)
  • ・頚肩腕症候群
  • ・胸郭出口症候群
  • ・腱鞘炎
  • ・手根管症候群
  • ・テニス肘
  • ・上肢の血管障害(バージャー病、レイノー症状)
  • ・末梢神経障害(糖尿病、がん、栄養障害)

 肩の痛み

  • ・肩関節周囲炎(40肩・50肩)
  • ・肩こり
  • ・変形性肩関節症
  • ・肩手症候群
  • ・頚肩腕症候群
  • ・腱板断裂

 腰痛・足の痛み

  • ・ぎっくり腰(急性腰痛)
  • ・慢性腰痛
  • ・変形性腰椎症(圧迫骨折、椎間関節症)
  • ・腰椎椎間板ヘルニア
  • ・腰部脊柱管狭窄症
  • ・坐骨神経痛(梨状筋症候群)
  • ・変形性股関節症
  • ・変形性膝関節症
  • ・下肢の血行障害(閉塞性動脈硬化症、バージャー病、レイノー症状)

診療時間

診療日時  月 火 水 木 金 土
9:00〜12:30  ● ● ● ● ● ●
15:00〜18:00  ● ● / / ● /

休診日

水・木・土曜日午後/日祝

所在地


大きな地図で見る

〒659-0093
芦屋市船戸町4-1-405

●JR芦屋に直結 ラポルテ本館4階

●阪急芦屋川・阪神芦屋より
   徒歩10分